禁煙するために知ろう喫煙のデメリット

はじめにまずは喫煙について色々知る事からはじめよう

喫煙

いつからみなさんタバコを吸われていますか?

 

気づいたら私は喫煙暦20年を迎えました。大体一日20本くらいです、外食にでてお酒を飲むと2箱(40本)くらいです。

 

みなさんはどのくらい一日吸いますか?

 

今回はどんなにヘビースモーカーの方でもタバコをやめたいと思う方の為に禁煙治療薬チャンピックスと言うお薬についていろいろ調査してまとめて見ました。

 

タイトルのように『人生を変える!!』!大げさかもしれませんが禁煙すると人の体は健康にいいことだらけです。

 

今は大丈夫かもしれませんが数年後取り返しのつかないことになるかもしれません。


 

 

タバコに含まれる化学物質やニコチンの依存について

タバコの煙には4000種類以上の化学物質がふくまれており、そのうち発ガン物質は驚きの60種類もあります。

化学物質の例:アセトン/ブタン/ヒ素/カドミウム/一酸化炭素/トルエン

さてタバコの煙に含まれるニコチンみなさんもよく耳にすると思います。
そのニコチン依存症になる度合いを説明いたします。

各使用者のなかで依存症になる人の割合
ニコチン>ヘロイン>コカイン>アルコール>カフェイン

依存症になった人での禁断症状の強さ
アルコール>ヘロイン>ニコチン>コカイン>カフェイン

依存症になった人でのやめることの難しさ
(アルコール=コカイン=ヘロイン=ニコチン)>カフェイン

依存症に麻薬よりもなりやすくて、麻薬と同じくらいやめられないタバコ。
喫煙することによって様々な病気になることもわかりました。

 

タバコを喫煙することによってかかりやすくなる病気

タバコを喫煙することによって体に悪いとわかっている人は多いと思いますが。具体的にどんな病気になりやすいのかまとめてみました。

喫煙

うつ病/ストレス/心筋梗塞/動脈硬化/高血圧/糖尿病/メタボリックシンドローム/バセドウ病/胃潰瘍/胃がん/骨粗しょう症/脳卒中/口腔/咽頭がん/喉頭がん/食道がん/喘息/肺がん/COPD(慢性閉塞性肺疾患)/肺炎/すい臓がん/膀胱がん/子宮頸がん/妊娠・出産への悪影響/乳幼児突然死症候群/ED